ローヤルゼリーとアラキドン酸

アラキドン酸(ARA)とは、ドコサヘキサエン酸(DHA)・エイコサペンタエン酸(EPA)・リノール酸・オレイン酸といった脂肪酸と同じn-6系多価不飽和脂肪酸に分類される不飽和脂肪酸の仲間です。
成人の身体の中でリノール酸やリノレン酸から代謝生成され、他の物質と反応して生理活性物質を作り出します。
生理活性物質というのは、ホルモンの働きと似たような働きをします。
微量が生成されるだけで身体の様々な場所でいろんな反応を起こさせることができます。

アラキドン酸が作り出す物質は、アラキドン酸カスケードと呼ばれたりしています。
カスケード(cascade)とは階段状に連続する滝のことですから、どれほどたくさんの物質が生まれるか分かりますね。
このアラキドン酸カスケードの中で、プロスタグランジン・ロイコトリエン・トロンボキサンなどの物質が作られます。

アラキドン酸が分類される多価不飽和脂肪酸はLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を調整して正常にしてくれる働きがあります。
ですが、アラキドン酸カスケードの中で生成されるトロンボキサンという物質は血管の中で血栓をつくりやすくしてしまうやっかいな物質なのです。

アラキドン酸は脳の機能に働きかける生理活性物質であることも最近の研究で注目されていて、脳の機能を活性化させるサプリメントとしても期待されています。
一定量摂取する事で、「年齢のせいかもの忘れが多くなった」「学習能力が衰えた」といった老年期の悩みを改善してくれることが期待されているのです。

そこでローヤルゼリーとアラキドン酸を同時に摂取すると相乗効果で良い結果が得られるのではないかというのです。
ローヤルゼリーに含まれている脂肪酸(特にデセン酸)が、血栓を予防してくれる可能性があるそうです。
これで鬼に金棒ですね。

高血圧だからアラキドン酸サプリを諦めていた方、ローヤルゼリーと一緒に試してみてください。
もちろん薬ではないので効果はゆっくりと現れます。
1ヶ月を目安に毎日の生活に取り入れてみましょうね。