アラキドン酸の成分で人気のある物

アラキドン酸とは不飽和脂肪酸の中でも、多価不飽和脂肪酸のn-6系に分類されています。
身体の中でリノール酸から生成する事もできますが、乳児や老人は代謝機能がうまく働かなくて生成できないので、必須脂肪酸ともいわれています。
不飽和脂肪酸というと耳にした事がある人も多いでしょう、そう、青魚などの脂に多く含まれていて、身体に良い成分の仲間です。
身体の細胞膜
を作っている成分の一つで、最近注目されてきています。

特に、免疫機能を調整する、学習力・記憶力を向上する、高血圧の予防、コレステロール値を下げるといった働きがあるといわれています。
乳幼児は1才頃まで体内で代謝機能がうまく働かないため、このアラキドン酸が不足しがちです。
乳幼児にアラキドン酸が不足するとどうなるのか調べた研究報告があります。

通常のミルクを与えるグループとアラキドン酸を添加したミルクを与えるグループとに分けて発達の違いを比べたそうです。
結果、赤ちゃん達の神経の発達や身体の機能の発達に違いがあったことが分かっています。
アラキドン酸を添加したミルクのグループの方がもう一方のグループと比べると機能の向上が見られたそうです。

また、アルツハイマー型痴呆症に効果があるのではないかといった研究もなされています。
アルツハイマー型痴呆症の人は、脳の中でも記憶を司る海馬という領域のアラキドン酸が減っていることが分かっています。
アラキドン酸を約1ヶ月摂取することで、認知能力が向上http://www.minimonos.com/したとの報告がでています。
さらには一部の高齢者のうつ症状まで改善されたそうです。

その他にも、アトピー性皮膚炎の患者の場合は血中のアラキドン酸が減っている、糖尿病の患者の場合は肝臓のアラキドン酸が減っているということが分かっています。
まだまだこれから研究される分野ですが、もし、これらの患者の新しい希望の薬が作られるとしたら、待ち望んでいる人がどれだけいることでしょう。
新しい発見が期待される成分ですね。