アラキドン酸と不飽和脂肪酸

アラキドン酸というのは不飽和脂肪酸の一種です。
不飽和脂肪酸は体にいいってよく耳にしますが、いったいどういう栄養素なのかご存知ですか?
人の身体の中では、悪玉コレステロールを減らし、中性脂肪を減らし、エネルギー源となり、身体を作るといった働きをしてくれています。

魚の脂に多く含まれていて、常温では液体であるというのが特徴です。
人の身体の中でも液体の状態ですから、血管の中で固まるといったことがないのです。
これが身体に良いとされる理由のひとつです。
同じ動物性脂肪でも牛肉や豚肉、鶏肉の油は常温で固体です。
人の身体の中でも固まりやすく、血管にたまってしまうおそれがあるわけです。

不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。
多価不飽和脂肪酸はさらにω-3脂肪酸(α-リノレン酸・エイコサペンタエン酸・ドコサヘキサエン酸)とω-6脂肪酸(リノール酸・γ-リノレン酸・アラキドン酸)といった種類に分けられます。

一価不飽和脂肪酸は酸化されにくい脂で、胃散の分泌を調整する・血中コレステロールを減らす・腸のぜんどう運動を高めるといった働きが期待されています。
ひまわり油・オリーブ油・サフラワー油などの植物性油に多く含まれています。

多価不飽和脂肪酸は青魚や豆製品に多く含まれていますが、とうもろこし油・くるみ・ラー油などにもたくさん含まれています。
人にとって必要な脂なので必須脂肪酸とも呼ばれています。
アラキドン酸は多価不飽和脂肪酸の中でも特に最近注目されている成分です。

「考える」「学ぶ」といった週間と関わりがあるのではないかということで、各研究機関で研究され始めています。
アラキドン酸は免疫機能の調整・血圧の調整・様々な症状の予防と改善といった働きをしてくれます。
人を含めた動物は体内でリノール酸からも合成する事ができますが、とても十分ではないと言われています。
アメリカなどの諸外国では赤ちゃん用の調整乳に添加されています。