ω−6脂肪酸とアラキドン酸

ω-6脂肪酸は不飽和脂肪酸のなかで、多価不飽和脂肪酸の中に分類されます。
炭素の二重結合が、脂肪酸の端から6番目の結合にあるので、ω-6と呼ばれています。
リノール酸・γ-リノレン酸・エイコサジエン酸・ジホモ-γ-リノレン酸・アラキドン酸・ドコサジエン酸・ドコサテトラエン酸・ドコサペンタエン酸・カレンジン酸がこのω-6脂肪酸に分類されています。
リノール酸とγ-リノレン酸は人の身体では生成する事ができないので、これらが含まれている食べ物から摂取する必要があり、必須脂肪酸と呼ばれています。

ベニバナ油・グレープシードオイル・ヒマワリ油などに多く含まれています。
多価不飽和脂肪酸はω-6脂肪酸とω-3脂肪酸に分類されます。
ω-3脂肪酸は脂肪酸の端から3番目に炭素の二重結合があります。

α-リノレン酸・ステアリドン酸・エイコサトリエン酸・エイコサテトラエン酸・エイコサペンタエン酸・ドコサペンタエン酸・クルパノドン酸・ドコサヘキサエン酸・テトラコサペンタエン酸・テトラコサヘキサエン酸などが自然にみつかるω-3脂肪酸になります。
魚介類・大豆製品・エゴマ油・アマ油などに豊富に含まれています。
ω-6脂肪酸とω-3脂肪酸はどちらも摂取するバランスが重要です。

現在の日本人は欧米的な肉を中心とした食事になってきたので、ω-6脂肪酸の摂取率が高く、1:10から1:30になっているそうです。
理想は1:4といわれているのでいかにバランスが崩れているかわかるでしょう。
一汁三菜を基本とする和食で、魚介類をよく食べることでこのバランスは理想に近づくと言われています。
アラキドン酸は、免疫機能の調整・血圧の調整・様々な症状の予防と改善といった働きをしてくれます。

また、脳の中でも記憶を司る海馬という領域のアラキドン酸の量http://アラキドン酸.net/が記憶力や学習力といった機能に関わるということが分かってきました。
様々な分野でのアラキドン酸の働きがこれから注目されていきそうですね。